読書

【読書】漫画 バビロン大富豪の教え ~ お金を働かせたくなる本

【読書】漫画 バビロン大富豪の教え

今回はジョージ・S・クレイソン原作「漫画 バビロン大富豪の教え」を紹介します。

僕がこの本を読むきっかけになったのは、中田敦彦さんのYouTube大学で紹介されていたからです。

たわしむし
たわしむし
YouTubeのリンク貼ってあるから最後まで読んでってー!

ちょうど世間が老後2000万円問題で湧いていたときでもあったので、「お金」の勉強をしたいなと思ってたのもありました。

バビロン大富豪アルカドから、収入の1/10を貯金に回し働かせよと学んだ結果、僕は以下の行動をしました。

始めた行動
  • iDeCoの勉強をし、実際にiDeCoを始める
  • 積立NISAの勉強をし、実施に積立NISAを始める

本作は、100年読み継がれる原作がありますが僕は漫画版しか読んでいません。

原作は著者が海外の方なので、日本向けには書かれていませんが、漫画版は脚本に日本人の大橋弘祐氏が担当しているのでとても分かりやすい内容になっています。

ふへん的(不変でも普遍でもある)な「お金」のことについては原作のまま、具体的な施策については日本人向けに書かれていますので(おすすめのインデックスファンドとかよく見るとかかれてる)即、行動できますよ。

本作中にもでてくる名言ですが「動いた者と、そうでない者」結局何事もこれに尽きます。

漫画の各章の合間にコラムページ(2~3ページ)で知識を現代向けに理解しつつ読みすすめることができるのでめちゃくちゃ読みやすいです。

動いた者と、そうでない者
コラムページ
たわしむし
たわしむし
「漫画 バビロン大富豪の教え」は「ビジネス・経済」の本やな!
ユウキ
ユウキ
どうも!ユウキです。
「漫画 バビロン大富豪の教え」を読んでお金を動かしてほしいという思いでこの本をご紹介します。

漫画 バビロン大富豪の教え 書籍紹介

漫画 バビロン大富豪の教え 書籍紹介

この本に書かれているのは、「お金儲けのテクニック」ではありません。金融の起源と言われている古代バビロニアから伝わる「人類不変の知恵」です。お金に悩まされる現代人に、資産を増やし、お金に縛られず、充実した人生を送る方法を教えてくれます。だからこそ、この本は約100年もの間、世界中で読み継がれているのです。

お金持ちとは「お金の増やし方を知ってい者」

本作では、名言や格言が多くでてきます。

サブタイトルにある「お金」と「幸せ」を生み出す5つの黄金法則だったり、黄金に愛される7つの道具だったり。

主人公バンシルが、バビロンの大富豪アルカドにお金持ちになるためにはどうしたらいいのか教えをもらうところから物語がスタートします。

そもそも「お金持ち」とはどうゆう者か?

たとえば、「今100万円貰う」か、「毎月5万円お金を増やせる知識を貰う」どっちがほしいかという問いがあります。

主人公バンシルは当初は100万円を貰うほうが嬉しいと考えていましたが、アルカドにお金持ちとは「お金の増やし方を知ってい者」と教えられます。

アルカドの教えで主人公バンシルとともにお金に対する知識が備わっていくそんな一冊になっています。

最後の章で、主人公バンシルが「お金はおまけ」と悟るシーンがありますが、なんとなく分かる気がします。

それに、「動いた者と、そうでない者」もそこに繋がるのかなと思う。

「漫画 バビロン大富豪の教え」はKindleUnlimited対象書籍です
また、Prime Reading対象なのでプライム会員なら無料で読めます

Kindle Unlimited

Kindle Unlimited
Kindle Unlimited

月額980円。いつでもどこでも読み放題。小説、ビジネス書、漫画、実用書、雑誌、洋書など幅広いジャンルから好きなだけ楽しめる。さまざまな端末で利用可能。

30日間無料でKindle unlimitedを体験することができます。登録後に登録のキャンセルをすれば料金はかかりません。会員登録のキャンセルはこちらからいつでも設定可能です。

  • 好きなだけ読み放題
  • お好きな端末で利用可能
  • Amazon会員なら簡単1分で登録完了
  • 11/5(木)まで2ヶ月99円キャンペーン中

登録 Kindle unlimited
30日間の無料体験を始める

※30日以内に会員登録のキャンセルをすれば料金はかかりません。

まとめ:【読書】漫画 バビロン大富豪の教え ~ お金を働かせたくなる本

今回はジョージ・S・クレイソン原作「漫画 バビロン大富豪の教え」を紹介しました。

中田敦彦さんのYouTube大学で紹介されていたのはこれです。

ちょうど世間が老後2000万円問題で湧いていたときでもあったので、「お金」の勉強をしたいなと思ってたのもありました。

バビロン大富豪アルカドから、収入の1/10を貯金に回し働かせよと学んだ結果、僕は以下の行動をしました。

始めた行動
  • iDeCoの勉強をし、実際にiDeCoを始める
  • 積立NISAの勉強をし、実施に積立NISAを始める

それと、収入の1/10をどう捻出するか?を考えることで無駄に使っている出費も見直すようになりました。

原作は著者が海外の方なので、日本向けには書かれていませんが、漫画版は脚本に日本人の大橋弘祐氏が担当しているのでとても分かりやすい内容になっています。

ふへん的(不変でも普遍でもある)なお金のことについては原作のまま、具体的な施策については日本人向けに書かれていますので(おすすめのインデックスファンドとかよく見るとかかれてる)即、行動できますよ。

ちなみに僕は、本作で引用・参考されている山崎元著書でも紹介されていたインデックスファンドを積立NISAで利用しています。

もちろん、バビロン大富豪アルカドの教えに従ったうえでのことです。

本作中にもでてくる名言ですが「動いた者と、そうでない者」結局何事もこれに尽きます。

収入を増やしたくてITエンジニアになる前に、正しいお金の増やし方についても知っておく必要があると思います。

ユウキ
ユウキ
家族がいるならiDeCo、積立NISAは勉強したいところ!
では、この辺でおわります。
ユウキでした。