心構え・予備知識

無料体験で冷静にプログラミングスクールを評価するための6つの影響力

影響力

プログラミングスクールの無料体験をおすすめしてますが、無料といえなんか怖いですよね。

school
ITリテラシー向上にプログラミングスクールをおすすめ!【厳選7校】プログラミング教養をつけて、「現在のスキル✕ITスキル」で新しい価値を求めたり、新しい個性にしようとする動き多いみたいですね。プログラミングは独学だったり、ネット上の有料サービスを使って学習することは全然可能だと思っていますがプログラミングスクールをおすすめする理由はそれなりにあるんです。 ...

なにが怖いってタダほど怖いものはないって言いますし。

たわしむし
たわしむし
体験に行ったが最後、契約するまで返してくれないんじゃ。。
ユウキ
ユウキ
もちろんそれはないですし、そもそもオンラインで体験するスクールもありますからね。

でも、あらゆる手を使って、あなたをスクールに勧誘するチャレンジはしてきます。

これから教える影響力を理解しておけば、冷静にスクールの評価ができるはずなので読んでってください。

ユウキ
ユウキ
それでもいいなと思えるプログラミングスクールなら本心でいいなって感じてる証拠ですね。

無料体験でスクールが利用する影響力

結論から言うとこの6つ

  • 返報性
  • 希少性
  • 権威
  • コミットメントと一貫性
  • 好意
  • 社会的証明

分かりやすくスクールからあなたへの「攻撃」と、あなたの「防御」方法ってな感じで表現してます。

返報性

「受けた恩は返したくなる」人間の心理を突いた攻撃

たとえば、電気量販店で、携帯電話コーナーで風船を配ってアンケートに答えさせるとか。

これ子供連れてると引っかかりますよね。

無料体験ではもうこの返報性が一番の攻撃ですね。なんせタダで体験できるので。

防御方法は、いやわざわざこちらとて申し込んで来てやっとんねん。って思考で恩を感じないでいれば大丈夫ですね。

希少性

「限られたものほど欲しくなる」人間の心理を突いた攻撃

たとえば、本日限定5名まで!のこりわずかです!ってやつですね。

あと、いいなと思った靴の欲しいサイズだけちょうどなくて、なんとかして手に入れたくなったりするやつ。

無料体験であるとすれば、今入会すれば限定Tシャツがついてくるとか、

これはないだろうけど、このコースあと1名で締め切りなんです!とかかな。

防御方法は、どんな希少性が付加されようと、本質であるスクールでの学習内容が変わるわけじゃないので冷静になりましょう。

権威

「肩書きや経験などのあなた以上の権威を持つ人を信頼してしまう」人間の心理を突いた攻撃

たとえば、GAFAでマーケティングしてますとか(GAFAのどれやねん!)、CEOとか肩書きが付く人のいうことはエビデンスがなくても信じがち。

無料体験では、先輩エンジニアがあらわれて、実はここの卒業生でリア充な話し(月収とか分かりやすいよね)を聞かされるとか。

スクールの優秀な先生にプログラミングは人生に必須だよ。とか悟らされるとか。

防御方法は、実際先輩エンジニアにはしっかり当時の話を聞かせてもらうチャンスでもあるので、逆に利用しよう

また、先生に上から目線でプログラミングは人生に必須だよ。とか胡散臭いこと言われたらすぐ帰りましょう。

誠実な人がそんなことは言わない。権威に対してはその人が誠実か否かで判断しよう

コミットメントと一貫性

「一度表明してしまった内容を守ろうとする」人間の心理を突いた攻撃

これは私生活ではあんまりみることがないケースかな。

人間って自分で決めたことを口に出したり、書面に残したりするとそれを守ろうとするんです。

無料体験であるとすれば、アンケートとかの問に

「スクールに入ったらやりたいこと、学びたい言語を書いてください」
※入るつもりがなくても、もし入ったら想像して回答してください

とかあったら、結構このコミットメントと一貫性の攻撃されてることになりそうですね。

もっとうまい問だと思いますが。

防御方法は、そもそもアンケートに回答を書かない。的を外した回答を書く。

たとえば、PHPを勉強したいって書いてしまった場合、

「スクールに入ったらPHPを勉強したいんですね!」とか言われたら、たしかにそう書いたかと思っちゃうわけです。

「スクール入る」とは言ったつもりはないけど、そうとらえることができる書面がそこにあると、自分も勘違いしてします。

そんなときは、胃がキューッとなるはず

その場合は拒否反応なので、いやいや「スクールに入る」とは言ってないしって防御しましょう。

好意

「好きな人に同意したくなる」人間の心理を突いた攻撃

服屋さんで「サイズピッタリですごくお似合いです。」「僕もそれ買ったんです。」とかいわれてついつい買ってしまうあれです。

好意を抱いたり、共感を持ったりしてアプローチされるとつい買ってしまいますよね。

無料体験では、「私も昔全然できなくて、すごく似ています」「みんなあなたと同じスタートラインですよ」って言われそう。

好意、共感を利用してきます。

防御方法は、これは冷静に上っ面の言葉だけに惑わされないこと

相手がこの好意を意識して言葉を投げかけてるかどうかを見極めよう。

社会的証明

「周囲の動きに同調したくなる」人間の心理を突いた攻撃

行列が行列を呼ぶ。など一番よく生活のなかで出会う機会の多い影響力です。

みんながやってるからなにか理由があるんだ。だからわたしもそれをやる。ってよくありませんか。

無料体験では、さすがにないでしょうけど、5人中あなた以外サクラ生徒だった場合とか。4人が契約することを決定すると。。

あとは、今一番人気のコースでみんな受講してますと勧めてきたり、卒業生の声だったりも社会的証明の影響力ですね。

防御方法は、これも冷静にその他大勢の行動に嘘はないのか、その他大勢の行動だけで自分も行動する決定にいたらないこと

あまのじゃくでいれば防げるけど、油断したらすぐもってかれるので注意しよう。

金銭的な攻撃

おまけで7つ目の影響力、金銭的欲求。これで攻撃も大いにありえます。

今日契約してくれると、通常より3万円安くなりますよとか。。

ないと思うけど、もしあればちょっと契約は控えた方がよさそうですね。

だったら最初から3万安くしとけよ!って僕は思います。

まとめ

まとめ

影響力をぜひ理解しよう

6つの影響力について具体例を上げつつ解説しましたが、これすぐ頭にはいらないと思います。

僕も調べつつ書きました。なんども読み返して理解を深めましょう。

実は、すべてはこの書籍に書いてあります。

僕が好きなカーネギー先生の本と同じ文書構造(具体例→解説)で読みやすくておすすめ。

この記事のこともここから僕なりに要約しました。

では、この辺でおわります。

ユウキでした。